生活する上で役立つ便利なサービスを活用しよう

確認を忘れずに

住宅模型

賃貸不動産の一種に、賃貸オフィスがあります。賃貸オフィスは従来のタイプに加え、様々なタイプが増えており、個人事業主でも利用しやすいレンタルオフィスと呼ばれるスタイルもあります。事業の内容や規模、予算に応じて物件選定を行います。 賃貸オフィスでは退去時に原状回復義務があり、設備を撤去するだけではなく、カーペットやクロスなどの張り替え費用などの負担も必要です。賃貸オフィスの場合には、保証金が充てられるのが一般的ですが、予想以上の高額を請求されることもあります。 保証金は月額賃料の6から12ヶ月分など地域によって異なり、不動産業者に支払う初期費用の中でも大きな割合を占めます。原状回復費用を差し引いた分のみが退去時に返還されるので、原状回復についての規約は契約前の確認が必要です。

賃貸オフィスを選ぶときは、最初にオフィスを設置するエリアを決めておきましょう。複数の路線が利用できる主要な駅の近くにオフィスを設置すると、社員の通勤が便利になり、会社の業績が向上することも考えられます。会社のイメージアップを図りたい場合には、有名な駅の近くに賃貸オフィスを借りることもオススメです。 賃貸オフィスを選ぶときはオフィスのスペースも重要な要素です。社員一人当たり1.5坪から2坪程度のスペースが基本と言われています。将来的に会社の規模が大きくなる場合には、会議室や応接室なども必要でしょう。 賃貸オフィスを借りるときは、毎月支払う賃料や保証金、礼金の有無なども重要なポイントです。また、エレベーターの有無、ネット回線の種類、建物のセキュリティなども事前に確認しておきましょう。